営業アシスタントの適性(向き・不向き)

営業アシスタント求人TOP >> 基礎 >> 営業アシスタントの適性(向き・不向き)

営業アシスタントの適性(向き・不向き)

営業アシスタントの仕事は、業種や職務内容によって大きく違ってきますし、仕事に対する感じ方も個人差があるので、一概に「こういう仕事です」と言うことはできませんが、営業担当者をサポートをする、事務のスペシャリスト的な存在です。電話応対や商品の受注、品質管理などの営業系の仕事から、営業担当者の旅行の手配などの秘書的業務、請求書の発行などの経理的業務など、仕事内容は多岐にわたります。営業担当者の代わりとして、お客様だけでなく、仕入れ先や他部署の社員などに対しても、円滑に仕事が進むように対応する必要があるので、コミュニケーション能力が高いことが営業アシスタントに向いている第一条件と言えるでしょう。

毎日同じように仕事をしているつもりでも、仕事内容が同じであることはありえません。時には突発事項が発生しますので、どんな時にも焦らずに、いつも通りの業務を遂行できる冷静さが営業アシスタントには必要です。そのような緊急事態に限らず、日々の業務においても、「かゆいところに手が届く」感じの気が利く人なら、なおさら仕事をうまく進めることができます。繁忙期になっても処理スピードが落ちず、事務処理を完璧にこなせる人なら重宝されるでしょう。ビジネスはスピードが第一なので、常に落ち着いて仕事をさばいていける人こそ、営業アシスタントに向いていると言えるでしょう。

反対に人と会うのが苦手な人にとっては、営業アシスタントの仕事は難しいかもしれません。受注内容などの入力業務が中心の営業アシスタントは少ないでしょう。但し、自分は不向きかもしれないと思っていても、会社によっては、一から業務を丁寧に教えてくれる場合もありますから、サポートがしっかりしているところなら、苦手と思わずにチャレンジしてみても良いでしょう。自分では気がつかなかった能力に気がつく可能性もあります。食わず嫌いにならずに、興味があるのならぜひチャレンジしてみましょう。

外回りで疲れて帰ってきた営業担当者にとって、営業アシスタントさんは本当に頼れる存在です。さまざまな会話を通して、営業担当者が何を望んでいるのかをいち早く察知し、対応することができれば、さらに仕事が円滑に進み、良い状況に持っていくことができます。一見、自分の仕事ではないと思われる仕事が振られることもあるでしょう。明らかに権限を逸脱したものは断っても良いですが、そうでない場合は、雑用も受け入れてみると、営業アシスタントの仕事が面白くなるかもしれません。

営業アシスタントの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細





Copyright (C) 2014-2017 営業アシスタント求人ランキング All Rights Reserved.