営業アシスタントの面接のポイント

営業アシスタント求人TOP >> 基礎 >> 営業アシスタントの面接のポイント

営業アシスタントの面接のポイント

未経験でも可という募集記事が、頻繁に掲載されている営業アシスタントの仕事。お客様からの受注を受けたり、注文内容のデータ入力をしたり、請求書を発行したりなど、営業アシスタントの仕事は明確に「これ」と言えるものがありません。つまり、時には営業系の仕事だったり、経理系の仕事だったり、秘書的な仕事だったりするので、事務の仕事をまんべんなくこなせて、なおかつコミュニケーション能力が高い人が好まれます。このような人なら、未経験であっても仕事をすぐに覚えて、即戦力として仕事をすることができるでしょう。

もちろん、営業アシスタントとしての経験があれば、面接の時に興味を持ってもらいやすいでしょう。具体的にどのような仕事をしていて、どのような成果をもたらしたのかを伝えることができれば、面接官の心証は良くなるでしょう。どんな仕事の面接でもそうですが、経歴をひけらかしたり、以前勤めていた会社の悪口を言ったりするのは、決して良いイメージを持ってもらえませんので注意しましょう。

面接官に自分を人財として認めてもらうポイントは、経験だけではありません。経験がなくても、面接官に自分の人間性に興味を持ってもらいましょう。例えば、現在の仕事には決定権がないので、営業アシスタントの仕事に就いて、自分の判断で仕事をしていきたいというような、意欲的なコメントは喜ばれます。また、営業アシスタントの仕事に就くことによって成果をあげてみたいとか、仕事を通して学び、成長したいという自己実現が根底にある志望動機ならば、採用される確率は上がるでしょう。

営業アシスタントの仕事は営業担当者のサポート的な仕事と思われがちですが、積極的に仕事に臨む姿勢がある人の方が向いている仕事です。雑用までそつなくこなし、お客様だけでなく、他部署の人ともうまくコミュニケーションが取れれば、仕事がうまく回りますので、どんな小さな仕事に対しても貪欲にさばいていこうという熱意がある人が望まれます。その点をアピールしていけば、面接官にぜひうちに来てほしいと思わせることができるでしょう。営業アシスタントをしていた人が、数年後に営業を始めて成功した例もありますし、有能な秘書として転職できたという場合もあります。どんな仕事にも通じる可能性のある仕事ですので、ぜひ面接を突破して、チャンスを活かしてください。営業アシスタントの仕事を足掛かりに、自分の未来を創造していくのだと思えるようになると面白くなるでしょう。

営業アシスタントの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細





Copyright (C) 2014-2017 営業アシスタント求人ランキング All Rights Reserved.