営業アシスタントの悩み

営業アシスタント求人TOP >> 基礎 >> 営業アシスタントの悩み

営業アシスタントの悩み

営業アシスタントの仕事は、補佐をする営業担当者によって、その仕事の量や質に大きな差が出てきます。例えば、営業担当者の指示が曖昧であったり、本来自分のするべき仕事ではない、他人の業務をこなすように言われたりしたら、営業アシスタントの仕事を楽しいとは思えなくなるでしょう。もちろん、営業担当者を補佐するという仕事柄、雑務も進んでこなさなくてはならないのは当然ですが、どこまでが営業アシスタントの仕事なのか悩む人は少なくありません。単なる営業担当者の尻拭いのような仕事ばかりやらされたとしたら、モチベーションが維持できなくなります。その他の悩みとしては、給料が安かったり、仕事内容が単純に見えるために「誰でもできる簡単な仕事」と思われがちなので、自分の将来のキャリアプランを考えて悩んでしまうかもしれません。

しかし営業アシスタントの仕事は、細分化してみると、営業的であったり、秘書的であったりして、あらゆる事務の仕事を網羅したゼネラリスト的であるということがわかります。例えば、営業担当者に代わってスケジュールの管理をすることもあるでしょうし、お客さんへの対応をする必要が出てくることもあります。他部署と円滑にコミュニケーションを取っていかなければならないので、パイプ役としての役目をこなすこともあるでしょう。単なる雑用と思えることでも、本気になって取り組んでいれば、「あの人がいなければ営業が回らない」というふうに一目置かれるはずです。そのような存在になってこそ、営業アシスタントの仕事の醍醐味がわかるのではないでしょうか。

営業アシスタントの仕事に毎日真摯に取り組むことによって、さらなる広がりを得ることもできます。例えば、営業担当者よりもよりスムーズにお客様と話すことができるのであれば、今後自らが営業職として成功することができるかもしれません。数字に強いのであれば、経理や会計の部門で、会社の数字を扱う仕事に就くことが可能かもしれません。現在の営業アシスタントの仕事に、これは何の仕事なのかという問題意識を持って取り組んでいれば、必ず道は開けるでしょう。具体的な目標設定として、今年1年間でミスを5件減らすなども、最初の取り組みとしては良いでしょう。そうすれば、日々単調な仕事だと思っていたことが、途端に楽しくやりがいのあるものに変わってきます。自分のキャリアプランをさらに綿密に考えたいのなら、プロのコンサルタントに相談に乗ってもらうのも良いでしょう。客観的な意見から、自分の強みがわかるかもしれません。

営業アシスタントの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細





Copyright (C) 2014-2017 営業アシスタント求人ランキング All Rights Reserved.