外資系企業の営業アシスタント求人

営業アシスタント求人TOP >> 条件別 >> 外資系企業の営業アシスタント求人

外資系企業の営業アシスタント求人

外資系企業の営業アシスタントとして働くためにはパソコンスキル、英語力、コミュニケーション能力が必要です。パソコンスキルがあるかたでも、外国人のお客様とお話することができなければお仕事がスムーズにいかず、英語力を最重要視して選考をしている会社は少なくありません。特に求人が多いのが事務職なので、お客様と電話でお話する機会も多いので、英語力はもちろん、お客様とのコミュニケーションをとれるかたでないと長期的に勤めることはできないケースのほうが圧倒的に多いです。また、他のスタッフと共同で業務をおこなうことも多いので、他のスタッフのかたに対しても丁寧に接することができるかを選考基準としているので、面接の際には一社会人として常識がない行動は慎むようにしてください。

正社員でも契約社員でも採用している会社があり、未経験でも働くことができる点が外資系営業アシスタントの大きなメリットであり、能力は経験次第では高待遇で迎えられることも珍しくありません。学歴を重視している会社もあり、大学や大学院を卒業していないかたは応募条件に満たしていないケースがあります。面接の際は応募した会社で役に立つ情報をきちんと履歴書に書くことも大事ですが、面接官のかたの質問に対し、スムーズに応えられることも重要ですので、事前に質問されると予想される事柄に対しては答えられるように準備しとくようにしてください。

英語力をアピールする際はTOEICの点数が履歴書に書くのが一番です。TOEICの点数が700点以上あるかたはビジネスレベルの英語力があると判断され、採用に至るケースが多いです。平成の時代に入り、英語ができるかたは急激に増加しており、ビジネスレベルの英語力があるという点は大きなアピールポイントではないのは事実ですが、他の応募者と差をつけるにはアピールできるポイントがご自身にいくつあるかという点が大事ですので、今現在はもちろん、将来的に外資系企業の営業アシスタントとして働きたいと考えているかたは、会社の業務に役に立つスキルを身につけておけばどの業種の会社でも働くことができます。

転職を考えているかたは転職支援サイトを活用して転職先探しをおこなってみてはいかがでしょうか。すぐにご自身の希望する求人を見ることができるとともに、転職に関するお悩みを抱えている、転職先について相談をしたいというかたはさまざまな業界に精通したキャリアコンサルタントのかたに相談することができるので、ぜひ、活用してください。

営業アシスタントの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細





Copyright (C) 2014-2017 営業アシスタント求人ランキング All Rights Reserved.